朽ちた手押し車

朽ちた手押し車

自分の親を殺してくれと頼む息子が
どこにいますか!

30年ぶりに発掘上映された、
三國連太郎主演の「幻の映画」!

急速な高齢化社会の到来により、老人問題が深刻化する現代。日本海の漁村を舞台に認知症の老父と末期の老婆を抱えた家族の苦悩を描く本作は、21世紀の日本が直面する高齢化社会と尊厳死の問題に、既に30年以上も前に迫っており、その予見性に驚かされる力作!
きれいごとではない介護の現実を深くえぐりながら、過酷な状況下でもなお見棄てることのできない家族のつながりと愛情の向こうに、困難な時代に立ち向かうほのかな希望を見出している。1984年に製作されながら、早すぎた異色の題材ゆえに長く劇場未公開だった傑作が、遂にDVD化!主演の三國連太郎の映画人生の中で、長きにわたり「唯一の劇場未公開」となっていた幻の作品。
80歳の老人役に扮した三國は当時61歳、撮影中は毎日2時間以上かけてメイクを施し、徘徊や失禁の場面も演じる入魂の演技が圧巻。さらに共演の田村高廣、初井言榮、長山藍子、誠直也、高橋悦史、下條アトムら 日本映画界を支える名優たちの見ごたえある演技によって、比類なき説得力と感動を生み出している。監督・共同脚本はこれが第一回作品となる『米百俵 林虎三郎の天命』(1993)の島宏。

STORY

昭和59年(1984年)、新潟県。元漁師の安田源吾(三國連太郎)は、老人特有の認知症で毎晩はいかいを繰り返していた。さらに妻のトミ(初井言榮)に、余命半年という重病が発覚する。不治の病で死を待つばかりの老母の「殺してくれ」という訴えに悩まされる息子夫婦たち。するとある日、長男の忠雄(田村高廣)が、医者(下條アトム)に対して安楽死の提案をし……。

CAST

三國連太郎 長山藍子 誠直也 初井言榮 田村高廣 星ルイス たこ八郎 江戸屋猫八 下条アトム 高橋悦史

STAFF

監督:島宏 脚本:スーザン・リー,島宏 製作総指揮:増山茂 プロデューサー:遠藤俊男 撮影:松下時雄 音楽:林輝 照明:大西美津男 製作:(株)ハネシネマ 製作協力:ボア・フィルム社

RELEASE
  • <発売日>2021年4月2日(金)
  • <製作年度>1984年
  • <製作国>日本
  • <DVD仕様>カラー/本編135分/ビスタ/音声:日本語/ドルビーデジタル 2ch モノラル/片面2層
  • <Blu-ray仕様>カラー/本編135分/ビスタ/音声:日本語/DTS-MA 2ch モノラル/50GB/1920×1080i/MPEG-4 AVC/2層
  • <特典映像>劇場予告編
  • <品番>DVD:OED-10747/Blu-ray:OED-10742
  • <価格>DVD:3,800円(税抜)/Blu-ray:4,800円(税抜)
  • <発売・販売元>ハネシネマ
  • <販売代理>オデッサ・エンタテインメント